台湾侵略について行われた広東省での会議の音声が流出 

 

2022年5月14日に行われた共産党委員会常務委員会の戦争動員会議から流出した音声ファイルとされる物


2022.5.14

· 特集,China News

 

broken image

中国出身の人権活動家、ジェニファー・ツェン(Jennifer Zeng)氏、中国反体制派Lude Mediaが報道し、インドのTimes Of India等が注目して取り上げています。

ジェニファー・ツェン(Jennifer Zeng)氏は台湾 、日本に気を付けた方が良いと呼びかけています。

リークされた会議音声が本物かどうか現段階では不明(内容からインドメディアは戦争の準備だろうと言っています)ですが、注意を払った方が良いと思われます。

ロシアのウクライナ侵略が失敗している様子を見て中国共産党は台湾進攻には慎重な姿勢を取っていると思われていますが、その中でどの様な言動をしているのか興味深い。

TimesNewsではこの様に報道されています☟

中国共産党の極秘会議が直接流出、衝撃的な内容で史上前代未聞の事態に

路德社」は、広東省軍管区における戦前の極秘軍事配備会議の録音を公開した。 このような高官会議の録音が直接流出したのは、史上初のことである。

broken image

 戦争動員会議 の極秘録音56分全記録 14万人の兵士と953隻の船を動員する

会議では「通常から戦争への移行」計画のロードマップについて話し合いが行われており、音声によるとハイレベル会議に出席しているのは、広東省の党書記、副書記、知事、副知事などである。

会議の焦点は台湾で、"独立勢力を粉砕し、開戦をためらわない "ことが強調された。

また、トップリーダーは、中国の習近平国家主席の主要な戦略的決定である "国家主権と領土保全の防衛 "と "中国の偉大な若返りの全体的戦略状況 "について議論しています。

東部・南部戦区から広東省に出された動員は、"20項目、239項目 "に及ぶ。その内訳は、軍人14万人、船舶953隻、無人設備1653台、空港・埠頭20カ所、修理・造船所6カ所、緊急移送センター14カ所、穀物倉庫や病院・血液ステーション・石油倉庫・ガスステーションなどの資源などである。

また、同省の新兵、退役軍人、特殊人材の計15,500人の採用についても話し合われたとの事です。

※広東省には中国海軍南海艦隊の司令部所在地、広東省湛江港があります。

broken image
broken image

以下、ジェニファーツェン氏が公開した会議内容とされるもの⇩

国家総動員令と常時戦争防衛指示を受けた広東省政府は、広東省委員会拡大常務会議を開催することを決定し、张虎同志(広東省人民政府副知事)が「同志たち、私たちは今、主に戦時体制への移行に関連する州の主要な問題を決定するために、州党委員会の常任委員会の拡大会議を招集します」と呼び掛けました。

张虎同志は中国国務院の動員命令と国務院中央軍事委員会の戦時体制への移行に関する指導精神を伝え、通常体制から戦争体勢への移行提案を提出した。

broken image

会議での张虎同志(広東省人民政府副知事)の冒頭の挨拶

わが省の実情と合わせて、迅速かつ秩序ある「正常→戦争」状態への移行、軍事計画、動員の原則に従って、次の3つの作業に重点を置くことを提案する。

第一に、国防動員指揮系統の構築 

第二に、戦時勤務機構の実施

第三に、戦時統制準備

次に、討論と演説をお願いします。

広東省の任務と課題に基づき、多領域に優れ、的確な動員を行い、戦闘概念に導かれるという原則に従って我々は三つの提言を行う。

第一に、軍と民政の共同指揮体制を速やかに構築すること。

第二に、戦略的勝利のための動員準備を調整することである。

台湾海峡地域に重点を置く。

軍事的ソースを補充し、前進を確保し、積載を確保し、航行を確保し、島の奪取を確保する。

南シナ海方面については盲点の補完、権益の維持、輸送の支援、島と岩礁の保護、海域の制圧を行う。

したがって、需要主導、統一、結合の政策理念と方法に従い、正確に実行し、差異を把握し、戦略的な動員をうまく行い、決定的な勝利のための準備を実行すべきだと思う。

第三に、新領域・新体制の資源潜在力を強調・転換し、部隊の欠点を効果的に補うことに力を注ぎ、科学技術の動員を堅持して、目立つ位置で準備の実施を動員する。

张虎同志の冒頭の挨拶から始まり、この様な雰囲気で会議は始まっていますが、以下、今回の広東州党委員会の常任委員会の拡大会議会議で協議されている興味深い項目をピックアップします

最も緊急かつ最優先事項は、党中央委員会の展開に従い、全省の各地域、各部門が仕事の優先順位を速やかに調整し、経済発展重視から戦略的勝利の確保に移行する必要がある事だ。軍民同心、軍産第一の原則に則り、軍民の生産をよく調整することである」

リストに含まれるハイテク企業と特殊企業を導き、サポートして、生産を(軍事)転換および拡大する必要があります

「(台湾海峡と南シナ海について)同志諸君、戦略的決戦勝利は、わが民族の若返りの大義とわが国の将来の運命に関係するものである。また、世界の戦略パターンにも影響を与えるでしょう。通常から戦争への移行は、新時代の全面戦争、わが国の決戦、人民の戦争に勝利するための重要な一手である。我々は、それを迅速かつ良好に行わなければならない。」

「動員の重点としては、台湾海峡と南シナ海の2つのエリアを調整する必要があります。海でも陸でもすべてを確保しなければなりません。伝統的な兵力と新型の兵力の両方を確保し、省内と海外からの資源も確保しなければなりません。私たちは、台湾海峡地域の(ニーズを)確保するために、すべての資源をプールしなければなりません。」

国務院中央軍事委員会の通常から戦争への移行指示、および省党委員会常任委員会の決定によると、省は4月18日の18:00の時点で、すべてのレベルでの軍事司令部の確立を完了しました。

「司令部の構造としては、 省軍民合同司令部、南シナ海方面司令部、および多くの特別動員司令部が設置されました。

省軍民合同司令部は省党委員会、省政府、省軍区、省国家動員委員会関連企業単位のエリート人材と、武装警察広東総隊、武装警察機動六分隊、海防311旅団で構成されている。これは、地方軍区戦闘司令部のために設定され、当然のことながら、地方の戦争司令部に転送されます。」

広東省における動員タスクの種類と量

一つは、東部・南部戦区が本省に発した動員任務で、合計20種239項目、主に各種分遣隊1358人、総人員14万人、各種船舶953隻、各種無人装備1653台などが私たちの省に発行された動員タスクです」

その他、空港・埠頭20カ所、修理・造船所6カ所、緊急移送センター14カ所、穀物倉庫、病院、血液ステーション、石油倉庫、ガソリンスタンドなどの資源もあります」

「第二に、国防動員募集所は、わが省から新兵、退役軍人、特殊人材の合計1万5500人を募集する予定」

「第三に、国防委員会は、わが省が主に1万トン級ロールオン/ロールオフ船(貨物を積つんだトラックやトレーラーをそのまま運べる船)64隻、航空機38機、列車588両、空港や埠頭などの民間施設19基など7種類の国家戦略資源の実施を調整すると明言している

「研究と評価を通じて、私たちの省の任務は次のように要約される。」

まず、台湾海峡での決戦を全面的に支援します。全省の資源を活用し、すべての地域と都市が協力して防衛戦闘クラスタとその拡大、機動、組立、積載、戦闘、捜索・救助などの活動を確保できるようにしなければならない。特に、海・空の輸送能力を総動員して、部隊の海越え協力を保護し、島を占領する部隊が海を渡り、さらに多くの部隊が続いて島を占領できるようにする必要があります。

本当に戦争が始まる今、熱心に戦争に参加する人もいれば、戦争を恐れて臆病な人もいることが知られています。彼らは戦争を避けたいのです!宣伝の範囲を広くし、主流メディアは大々的に宣伝し、台湾に対する戦略的勝利が祖国統一の完成と我が国の偉大な再生のために非常に重要であることを宣伝することを提案します! 全省民を鼓舞し、共通の大義を作り、全国民が敵に立ち向かう決意を支持しよう」

戦争に使うドローンについては、同省の深センKeweitai北京红鹏未来无人机科技有限公司、 広州Hopongなど、生産能力を持つ9社を協力させこれを推進する。

broken image

 「サイバー攻撃とネットワーク保護については、上層部から21のネットワーク攻撃・制御分遣隊を動員するように言われ、15を動員しましたが、現在6分遣隊60人が不足しています。また、攻撃と制御システム業界のネットワーク専門家の人材が32人不足しています。 私たちのアドバイスは、奇安信集团Qianxinを動員することです。

一方、南方電力網広東会社、広州地下鉄グループなどの大企業の攻撃・制御システム産業ネットワーク専門家も移籍させるべきだ。」

「宇宙支援について、わが省には強力な商業衛星の生産・組立能力があり、広州には商業航空宇宙産業の全産業チェーンがあります。

深圳には、衛星をサポートする企業がすべて揃っています。私たちは率先してこの分野を活用し、戦線支援のための参戦に貢献できないでしょうか」

司令官、現在我々は、珠海オービタ、深セン航空宇宙東方衛星有限公司、佛山デリヤ、吉華実験室に依存し、4つの衛星分遣隊を形成しています。私たちは、0.5~10mの全球遠隔超高光学解像度センシングとイメージング能力を持つ、合計16機の低軌道衛星を保有しています。

これらの資源は部隊が直接呼び出すものですが、資源は省に属する企業の中にあります。これらの戦力がいかにして良い役割を果たすようにするかは、我々の義務である。」

海外動員について

海外動員は、対台湾戦略的決戦勝利のための重要な支援となります。わが省から海外に多くの中国人がおり、海外に多くの国有・私営企業があり、一帯一路プロジェクト沿線諸国と多くの経済・貿易協力があるという利点を十分に生かすべきだ。」

民間人を使って軍を援護・支援する方法をとり、隠れたルートと目に見えるルートを組み合わせ、国内で不足しているハイエンドチップ、精密機械、特殊材料などの資材や、石油、穀物、鉱物などの戦略備蓄品、バルク材などの調達を動員し、戦時中の西側同盟による戦略物資包囲のジレンマを打破しなければなりません。

華僑・華人団体を動員し、わが国の軍事作戦の支援に積極的に参加させる。特殊な専門家を導入する努力を強化し、全世界のあらゆる資源を利用して、外国の資源がわれわれを支援するように努めなければならない。

※日本国内で中国国防動員法をデマとか言ってる工作員いますが、国防動員法の中国政府公式パンフレットはアマゾンですら売ってます

broken image

防衛指導について

「戦域合同司令部の命令に断固として従うこと。攻める前にまず守る、地域共同防衛、総合的な配置と統制、精鋭部隊による要所の統制、防衛と反撃の組み合わせ、防護の重視という作戦指針を遵守する。」

「重要な防衛地域は広州、深圳、恵州、陽江です。」

「重要防衛目標には、戦区の統合戦司令部、海上作戦副本部などの重要軍事目標、大亜湾原子力発電所、華南電力網などの重要民生目標が含まれる。」

「計画によると、市を単位とし、行政区分により、17の防衛小区を設け、さらに沿岸管制グループ、ネットワーク情報保護グループ、機動戦闘区、後方支援チームなどを設置する。」

「陸と海をつなぎ、点と面を組み合わせた柔軟な防衛・戦備策を構築する。17の市町村と17の防衛小区は、市町村の民兵、警察、救急隊、市町村武装警察の内防分遣隊で構成されている。」

「武装警察直属の3つの作戦分遣隊は、広州、珠海、深センの各防衛副区に現地で配置されている。沿岸総合行動グループは海防旅団311部隊の主要部分によって形成されている。ネットワーク情報保護グループと標的警備隊は計画通り変更しない。」

環境について

「第一に、政治分野の守りを強化することです。最近のいくつかの地域戦争、特にロシアとウクライナの紛争戦況を見てください。大局的に見れば、米国と西側諸国は、正義と悪を混同させ、正義と決戦に勝つという我々の意志を揺るがすために、我々を中傷し、中傷するためにあらゆる手を尽くしてくることでしょう。われわれは、世論、法律闘争、心理戦、民兵隊を十分に発揮して、世論の誘導と心理的保護を強化し、愛国的支持の結束を固めて、軍事戦線の積極的エネルギーを高めなければならない。」

「第二に、人民戦争の長所を十分に発揮し、過年度のコロナ疫病予防と防疫の経験に十分に学び、草の根組織を十分に動員し、幹部と大衆を広く動員し、軍・警察・民生を組織し、グリッドコントロールを発動し、国家の準備の雰囲気を作り、国民の戦争と災害への耐性を高め、敵やスパイが隠れる場所がないようにすることである。」

準備完了の時期

「戦域が指定する時間より6時間早い2022年5月9日12時までにすべての準備を完了することが推奨された。

大まかな内容は以上です。

ここに見られるように中々に具体的な会議でして、いつ何が起きるか分からないレベルです。

また、同じ時期に中国はアメリカ帝国主義の占領から台湾を奪還するための上陸作戦として模擬演習を実施しています。

福建省PLA 東部軍の第73軍上陸旅団がこの演習を行った。

broken image

我が国もいつ攻められるか全く油断がなりません。そんな中、政府やテレビは浮世離れした緊張感の無い話題でもちきりですが、いつ何が起きても良い様に必要な準備は直ぐにする事をお勧めしたいと思います。